西

    • カテゴリ:
    1: ななしの権兵衛 2021/01/06(水) 23:59:57.14 ID:CAP_USER9
     西武のドラフト1位・渡部(わたなべ)健人内野手(22)=桐蔭横浜大=が6日、埼玉・所沢市の若手寮「若獅子寮」に入った。

     「プロ野球選手のスタートラインに立てたんじゃないかと思います」

     昨年の入団交渉の席で山川にプレゼントされたバットを持参。「自分が目指していた選手。いただいてすごくうれしかったし、宝物にしたい」と笑みを浮かべた。

     ドラフト指名後は公称体重112キロから減量をもくろんだが「118キロになってしまいました。肉が好きなので、(年末年始に)肉系をたくさん食べていました」と照れ笑い。“よくばり君”の愛称よろしく、多い日は1日3食の全てでお肉をほおばった。

     それでも「環境が変わったので、勝手にやせていくと思います」と新人らしからぬマイペースぶりも披露。中村(102キロ)、山川(103キロ)に続く期待の大型スラッガーは、早くも大物感を漂わせた。(湯浅大)

    1/6(水) 16:29 サンスポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9bbcd24f2829574b4014483c08e44e5a9c8d70c9

    写真
    no title

    引用元: ・【野球】<西武ドラ1渡部健人内野手>減量失敗!?体重118キロで入寮「(年末年始に)肉系をたくさん食べていました」 [Egg★]

    【【西武】ドラ1渡部健人選手「食べすぎちゃった」www】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ななしの権兵衛 2020/12/21(月) 16:32:54.34 ID:jI3ojArj0
     西武は21日、松坂大輔投手(40)と来季契約を締結したことを発表した。
     松坂は球団を通じて「契約をしていただき感謝しています。来季はメットライフドームでの勝利を目標に、サポートしていただいている球団、応援してくれているファンの方々に少しでも恩返しが出来るようにやっていきたいと思います」とコメント。
     渡辺久信GMは「この度、正式契約を交わしたので、引き続き、しっかりリハビリをして身体を作ってもらいます。そして来季はメットライフドームのライオンズファンの前で投げてほしいです」とした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a3df05cc3b5eed8842aeae1ec61ccfa50439ece

    引用元: ・【朗報】西武、松坂と来季契約

    【【西武】平成の怪物、松坂さんの年俸決定www】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ななしの権兵衛 2020/11/18(水) 16:29:52.65 ID:CAP_USER9
    11日には「苦悩」語っていた相内投手(インスタグラムより)

     プロ野球・埼玉西武ライオンズから来季の戦力外通告を受けた相内誠投手は、2020年11月17日に自身のインスタグラムの「ストーリーズ」機能でユーザーからの質問に答えた。

     12年に自身で無免許・速度超過運転を起こし、今年4月には首都高で速度超過運転をし、有罪判決を受けた同僚選手の車に同乗していた相内投手。それらの経緯を受けてか、「結局なんであんなにスピード出したんですか??? 」という質問に対し、相内投手は「知らんわw」と返答した。

    ■格闘技の練習「今から技術的なことやってもキツイ」

     相内投手は12年ドラフト2位で千葉国際高校(現:翔凜高校)から西武に入団。活躍が期待されたものの1軍で目立った実績を残せず、11月3日には球団から来季の戦力外通告を受けた。

     その後は、球界引退と格闘家への転向志望がスポーツ紙などで報じられた。5日には自身のインスタグラムのストーリーズで「人殴って勝ったら褒められるんでしょ?普通に考えて魅力ヤバくない?w」と格闘家に興味を持ったきっかけを語っていた。一方で、11日にはインスタグラムの通常投稿で「猫を被るのも正直しんどいし、プロ野球という場所が窮屈に感じていたのも事実」と球界で生きることへの苦悩も口にしていた。

     相内投手は17日にインスタグラムのストーリーズ機能で、ユーザーからの質問を受け付けた。「何見てたんですかー?」という問いには「(格闘家の)朝倉みくるさんのやつ」、「格闘技の練習本格的に始めた?」という問いに「いや、今から技術的なことやってもキツイからとりあえず走ってる」と、さっそく格闘家転身への意識をのぞかせるコメントを返した。

     12年の西武仮契約後には無免許・速度超過運転を起こした。今年4月には首都高で法定速度を大幅に超過して走行し、のちに懲役3ヶ月、執行猶予2年の判決が下された同僚・佐藤龍世選手の車に同乗していた。このことを引き合いに出してか、「結局なんであんなにスピード出したんですか??? 」という質問も出たが、相内投手は「知らんわw」と返答した。

    「売り子」への気遣いも
     野球関連の質問にも答えた。「プロ野球選手をやってみての感想」を聞かれると、

    「上には上がいる いすぎる」

     「マウンドでビビりたおしてるのにSNSでイキリたおしてるのは何故ですか?」という質問には、

    「勝利投手=メンタル強い 敗戦投手=ビビリ とでも思ってる?どんな世界で生きてきたんだ君は」

     とそれぞれ返した。

     ライオンズへの思いものぞかせた。埼玉より千葉が好きか、という問いには「もちろん」。ライオンズが好きじゃないのか、と聞かれると「そーゆわけじゃないよw みんな地元は好きでしょ?」と説明した。

     将来西武のエースになりそうな選手を聞かれると、「えーだれだろw今井(達也)、こうな(高橋光成)の後なら井上(広輝)とかゆうたろう(渡邉勇太朗)とかじゃん?」と後輩投手の名を挙げて期待を寄せた。

     球場で「売り子」をしていて、4年間のラスト勤務を終えた、と語ったユーザーに対しては「あれ背中に背負ってる飲み物重そうなのに小さい女の子とかが何時間もやってるの普通に考えて凄いと思う お疲れ様でした」と気遣う一面もあった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e71be8a274b495d4a24a7e5bf9e3d5a91e090c80
    11/18(水) 15:09配信

    no title

    引用元: ・【野球】「スピード出した理由」聞かれて「知らんわw」 西武戦力外の相内誠、インスタで回答 [砂漠のマスカレード★]

    【【西武】戦力外の相内誠のインスタライブ返答内容がウケるwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ななしの権兵衛 2020/11/08(日) 20:53:53.48 ID:CAP_USER9
    今年のドラフト会議では支配下、育成合わせて123人が指名を受けたが、プロ入りする選手がいるということはそれだけユニフォームを脱ぐ選手もいるということである。11月2日からは来季の選手契約を結ばない選手も各球団から発表されているが、その中で大きな話題となったのが西武だ。

     一昨年、16勝をマークして最多勝に輝いた多和田真三郎を自由契約にすると発表したのだ。多和田は昨年から自律神経失調症が原因の不整脈に悩まされており、今シーズンは7月になってようやく選手登録されている。まずは治療を優先させるということで、育成選手での再契約を検討しているというが、二軍で復帰登板を果たしていただけに、この発表に驚いたファンも多かったことだろう。

    そして、もうひとつ西武で大きなニュースとなったのが松坂大輔との再契約だ。まだ正式決定はしていないものの、今シーズン、一度も実戦登板を果たしておらず、来年で41歳となる松坂に対しては経験を評価して支配下登録するというのだ。確かに、多和田と松坂では実績は大きく違い、同じように育成契約を打診するのは難しいという側面はある。とはいえ、単純に戦力として考えた時にはこの方針には大いに疑問が残る。若手に対して影響力のあるベテランという意味では内海哲也が在籍しており、そのために貴重な支配下登録の枠を二つも使うことに対しては批判の声も少なくない。

     今回の件に限らず感じられるのが西武の編成面の問題だ。一昨年からパ・リーグ連覇を達成してはいるものの、これまでも多くの主力選手が退団し続けている。過去5年間でFA、ポスティングシステムなどで球団を去った選手を並べてみると以下のような顔ぶれとなった
    2016年:岸孝之
    2017年:牧田和久:野上亮磨
    2018年:菊池雄星、炭谷銀仁朗、浅村栄斗
    2019年:秋山翔吾

     このように、いずれも日本代表クラスの選手たちばかりである。年齢的にピークを過ぎて、年俸が高額になったため、見切りをつけたという意見もあるかもしれないが、ここで挙げた大半の選手が他球団でも主力として活躍しているのを見ると、その判断は正しかったとは言えないだろう。中村剛也と栗山巧の二人だけは何とか引き止めることに成功したが、球団が最大限努力した結果という印象は受けない。

     もうひとつ気になるのが、戦力補強に消極的な点だ。FAやポスティングシステムでこれだけ選手を放出しているということは、それだけ金銭が入ってきているはずだが、それを活用しているようには見えない。過去5年間にトレード、FAの人的補償で獲得した選手を並べてみると、以下のような選手となる。
    2017年:小川龍也、榎田大樹、高木勇人
    2018年:内海哲也

     小川と榎田は一軍の戦力にはなっているが、完全な主力というほどではない。高木は既に球団を去り、内海も二軍暮らしが続いている。また、2017年から3年間の大型契約を結んだ途端にメヒアが成績を落とし、昨年オフに2年契約を結んだニールも今年は思うような結果を残していない。このように外国人選手に対する大型投資も上手くいっているとは言い難い。

     それでもパ・リーグ連覇を達成できたのは山川穂高、森友哉、外崎修汰、源田壮亮といった生え抜きの野手が育ってきたからに他ならないが、その勢いも徐々に薄れてきているのが現状である。そんな状況でありながら、冒頭で触れたような多和田と松坂に対する契約のニュースが出たことで、チームがさらに悪い方向へ向かうことも十分に考えられる。

     過去を振り返ってみても、80年代から90年代にかけて、黄金時代を築いたメンバーも大半はチームを去っている。松井稼頭央と松坂は最晩年に復帰しているが、戦力としてというよりも“最後の花道”のためという意味合いが強い。今後も強いチームを維持するためには、もう少し生え抜きの主力選手に対して長く活躍するような環境と条件を整えて、他球団からの戦力補強も検討していく必要があるのではないだろうか。そうでなければ、ソフトバンクとの差がますます開いていくことは間違いないだろう。

    11/8(日) 6:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201108-00677460-shincho-base

    引用元: ・【野球】今季登板なしの「松坂大輔」となぜ再契約するのか…西武、不可解すぎる編成の数々 [砂漠のマスカレード★]

    【【西武】不可解な松坂大輔の再契約】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ななしの権兵衛 2020/11/03(火) 17:56:46.50 ID:CAP_USER9
    西武を戦力外となった相内誠投手(26)が3日、自身のインスタグラムに首を傾げざるを得ない〝惜別メッセージ〟をアップした。

     現役の8年間、本拠地としてお世話になったメットライフドームの全景に「お世話になりやした~」と少し眉をひそめてしまうようなメッセージが…。球団から多和田、藤田と合わせ3投手の戦力外通告が発表された時刻と前後して相内のインスタグラム、ストーリー機能にあげられた本人からの〝惜別の言葉〟だった。

     相内は「これまでライオンズに在籍させていただき、一番印象に残っている試合は昨年の4月25日の千葉ロッテマリーンズ戦です。(勝利投手の権利を得て降板したが)自分の中では一番の投球をすることができたと思います。ファンの皆さまには、こんな自分を応援していただき、本当にありがとうございました、と伝えたいです。今後については、野球は引退し、また新たな道を歩んでいきたいと思います」と球団を通して退団コメントを出していた。

     しかし、それと平行してSNS上で何ともラフ過ぎる等身大のメッセージも同時に発していたことになる。

     相内は新型コロナウイルスの感染が拡大していた4月、球団の外出自粛を破って千葉県内のゴルフ場へ向かった。その道中、後輩の佐藤龍世内野手(23)の運転する乗用車に同乗し首都高山手トンネル内を法定速度(時速60キロ)を89キロ超過する149キロで走行し道交法違反に問われた佐藤は「懲役3月執行猶予2年」の有罪判決を受けた。

     佐藤とともに「無期限の対外試合禁止及びユニホーム着用禁止処分」のペナルティーを科されていた中での戦力外通告だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/95a15fcaed96251b44bd2f78845cd482f5cb5574
    11/3(火) 14:39配信

    394
    no title


    https://npb.jp/bis/players/43145137.html
    成績

    引用元: ・【野球】西武戦力外の相内がインスタでラフな惜別メッセージ「お世話になりやした~」 [砂漠のマスカレード★]

    【【西武】相内が相変わらずwww】の続きを読む

    このページのトップヘ