1: ななしの権兵衛 2021/01/21(木) 12:04:10.42 ID:CAP_USER
中高生の投手悩ます「野球肘」 プロ選手も治療の病院、負荷の少ないフォーム解明

 中高生の野球投手の多くが経験する肘の障害「野球肘」。
 近年は投球制限の議論が盛んだが、けがの予防には投球フォーム自体の修正も欠かせない。
 プロ野球選手の診察も担ってきた信原(のぶはら)病院(兵庫県たつの市)はこのほど、兵庫県立大学先端医工学研究センター(姫路市)などと連携し、肘に負荷の少ないフォームを科学的に解明したと発表した。(井沢泰斗)

 年間50~100人のプロ野球選手やドラフト候補の高校・大学生が訪れる同病院。
 プロ野球オリックスのチームドクターも務めた信原克哉院長(87)が約30年前に設立した「バイオメカニクス研究所」は、自前の投球マウンドや計12台の撮影カメラを備える。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

神戸新聞NEXT 1/20(水) 16:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b53c1d055236602aa1b1f7ea24c9bfc824aa406

引用元: ・【スポーツ科学】中高生の投手悩ます「野球肘」 負荷の少ないフォーム解明 [すらいむ★]

4: ななしの権兵衛 2021/01/21(木) 12:21:32.77 ID:SbKxmv6z
カーブやスライダーやめてチェンジアップやナックル投げとけ

5: ななしの権兵衛 2021/01/21(木) 12:37:30.96 ID:mr555sqv
そもそも速い球投げるための動きって肘の内側側副靭帯にストレス掛かる
MLBでは4シームが一番肘に悪いという人すらいる