1: ななしの権兵衛 2021/02/07(日) 05:05:57.19 ID:CAP_USER9
 【ニューヨーク5日(日本時間6日)】ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ移籍を目指している沢村拓一投手(32)の移籍先の有力候補に、ワールドシリーズ優勝9度のレッドソックスが浮上した。右腕は渡米後に代理人とミーティングを重ねながら、オファーを熟考しているとみられる。ロッテ残留の可能性も含め、決断が近づいている。

 長年の夢であるメジャー移籍か、ロッテ残留か。沢村が野球人生の岐路に立っている。日本時間3日に羽田空港から渡米。代理人を務めるジョン・ボッグス氏らと打ち合わせをしながらオファーを精査し、身体検査などを受けて決断に備えている。

 「憧れもあるし、夢もある。一番必要としてくれる球団で腕を振りたい」と話す右腕の移籍先の有力候補に浮上したのが、レッドソックスだ。2018年にワールドシリーズ制覇を果たしたが、19年はア・リーグ東地区で3位、昨季は最下位(5位)に低迷した。昨季、先発投手の防御率は5・34(ア・リーグ13位)、救援陣は5・79(同14位)と苦戦。ブルーム・ゼネラルマネジャー(GM)は「先発の補強が最優先」と課題を挙げたが、リリーフ投手の整備も急務だ。

 抑えには昨季9セーブを挙げた右腕、バーンズ、セットアッパーにはヤンキースから移籍したオッタビーノ、元広島のブレイシアらがいるが、経験の浅い若手が多い。沢村が加われば、勝ちパターンを任される可能性が高い。

 12月中旬にオンライン会見に応じたボッグス氏は6球団から獲得への調査があったことを明かし「東のチームも、西のチームも、似たオファーを提示している」と説明した。メッツやアストロズなども獲得を検討したとみられる。ロッテへの残留を含め、沢村の去就に注目が高まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8186e8251bbb55c56629587b880009be090b56bc
2/7(日) 5:00配信

引用元: ・【野球】沢村拓一、移籍先有力候補にレッドソックス浮上!6球団から獲得への調査 [砂漠のマスカレード★]

【【ロッテ】沢村拓一の大リーグ有力移籍先!】の続きを読む